Chuden HACCP Powered by 中部電力ミライズChuden HACCP Powered by 中部電力ミライズ

HACCPの必要性・有効性About HACCP

HACCPの必要性Necessity of HACCP

HACCP は法律で全ての食品事業者に導入される*ことに決まりました。
全ての食品事業者は、ほとんどの食品を扱う事業者が該当します。
食品製造業・食品販売業・飲食店など、食品の製造・加工・販売などを行うすべての食品等事業者に
「HACCP に沿った衛生管理」が求められます。

* 2020 年 6 月から施行、 2021 年 6 月から猶予期間を経て食品衛生法の一部改定により、全ての食品事業者で制度化

例外は以下の通りです。
公衆衛生に与える影響が少ないと判断された以下の事業者は対象外となるため、HACCP に沿った衛生管理を必要としません。

  • ・ 食品又は添加物の輸入をする営業を行う者
  • ・ 食品又は添加物の貯蔵のみをし、又は運搬のみをする営業を行う者(食品の冷凍又は冷蔵業を営む者を除く)。
    この場合、食品又は添加物の貯蔵及び運搬のみを行っている者を含む。
  • ・ 輸送業、倉庫業(冷蔵業を除く)
  • ・ 容器包装に入れられ、又は容器包装で包まれた食品又は添加物のうち、冷凍又は冷蔵によらない方法により保存した場合において、腐敗、変敗その他の品質の劣化により食品衛生上の危害の発生のおそれのないものの販売をする営業を行う者
  • ・ 器具又は容器包装の輸入をし、又は販売をする営業を行う者
  • ・ 器具又は容器包装を製造する営業者

HACCP は世界各国で導入されている、
食品衛生管理の仕組みです

  • ・世界各国と同様に日本でも、コーデックス (WHO と FAO が設置する委員会が推奨するコーデックス HACCP に準じた HACCP システムの導入を推進します。
  • ・HACCP とは、食品衛生の安全性を見える化することができる工程管理システムです。
  • ・これまでの日本では馴染みが少なかった HACCP システムですが、世界各国で受け入れられている大変導入しやすいシステムです。
HACCP は世界各国で導入されている、食品衛生管理の仕組みですHACCP は世界各国で導入されている、食品衛生管理の仕組みです

HACCPの有効性Effectiveness of HACCP

HACCP は世界で認められた、世界の食品衛生の共通言語であり、
世界各国で活用されている衛生管理システムです。
導入することで無駄や無理を可視化、作業の効率化にも非常に役立ちます。
完璧でなくてもいいので、まず取り組んで進めることが第一歩です。

  • 世界で認められた食品衛生の共通言語世界で認められた食品衛生の共通言語HACCP は、多くの世界各国で活用されている衛生管理のシステムです。日本だけが取り組もうとしている難しいシステムではありません。
    今回法制化されることは今後大きくビジネスを広げるために必須事項になります。
  • 無駄や無理を可視化無駄や無理を可視化HACCP は、工程管理するシステムなので、導入することで無駄や無理が見えやすくなります。
    事故につながる原因を事前に予知して、事故を起こさない環境作りができ、作業の効率化にも非常に役立ちます。
  • 法制化された HACCP を導入しないリスク法制化された HACCP を導入しないリスクHACCP は法制化された食品安全を守るための食品事業者に科された管理業務です。
    万が一事故を起こしてしまった時に法制化された HACCP を導入できていなかった場合の社会的責任 は大きいです。