Chuden HACCP Powered by 中部電力ミライズChuden HACCP Powered by 中部電力ミライズ

HACCPに基づく衛生管理HACCP Hygiene Management

大規模事業者・と畜場・食鳥処理場「12手順7原則」に従い
HACCP計画を作成

「12手順7原則」に従いHACCP計画を作成「12手順7原則」に従いHACCP計画を作成

HACCPの導入をする際には、これまでに実際に現場で運用されていた
「衛生管理マニュアル」や「作業手順書」などが前提条件プログラムとして活用できます。
HACCPの計画に必要な前提条件プログラムを整理して必要に応じて整備することで、よりスムーズで安全な食品衛生管理が可能です。

  • 1HACCPチームを編成
  • 2食品を説明し、その流通を記述
  • 3食品の意図する使用法を説明し、対象とする消費者を明記
  • 4食品の製造・加工プロセスを説明するグローダイアグラムを作成
  • 5作成したフローダイアグラムを現場で検証
  • 原則16危害要因分析を行う
  • 原則27CCP(必須管理点)を決定
  • 原則38許容限界を確立
  • 原則49モニタリングの手順を確立
  • 原則510是正措置を確立
  • 原則611検証の手順を確立
  • 原則712記録と文書保管の手順を確立