Chuden HACCP Powered by 中部電力ミライズChuden HACCP Powered by 中部電力ミライズ

HACCPの法制化についてHACCP Legislate

2種類の運用方法HACCP Operation Method

HACCP(ハサップ)とは、食品衛生上の危害の発生を防止するための特に重要な工程を徹底的に管理する方法です。
原則としてすべての食品等事業者の皆様にHACCPの導入が法制化されていますが、運用方法には2種類あります。

1つ目はHACCPに基づく衛生管理で12手順7原則に従い衛生管理を行う「HACCPに基づく衛生管理」。
2つ目はHACCPの考え方を取り入れた衛生管理ですが、業界団体が作成した手引書を参考にして、食品衛生計画を作成・現場での実施を行う
「HACCPの考え方を取り入れた衛生管理」です。

今後、どちらかの方法で食品衛生計画を作成して実施をすることが目標になります。

即刻全てを完璧に実施するのではなく、段階的にHACCPを始めて継続的に運用し
ブラッシュアップしていくことがHACCP導入成功のポイントになります。